カテゴリー: 過払金を請求する

過払金の消滅時効の起算点について

基本契約に基づく取引において発生した過払い金の返還請求権の消滅時効については、継続的な取引が終了時から進行します。

過払い金の返還請求権の消滅時効の起算は継続的取引終了時点です。
詳しく言うと、最高裁判所は以下のように判断しています。

“過払金の消滅時効の起算点について”の詳細は »

出資法と貸金業法と債務整理について

借金問題の解決法と貸金業協会の自主規制の機能の強化

電話加入権を担保に融資する業者のことを「電話担保金融」といいます。
出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律の一部を改正する法律
(昭和58年法律第33号)附則第十五項に於いて次のように定義され、
最高年利54.75%まで可能となっています。
“出資法と貸金業法と債務整理について”の詳細は »

債務整理とグレーゾーン金利

債務整理における出資法と利息制限法の関係について問題点をあげています

グレーゾーン金利とは 利息制限法の制限利率を超えるため、民事上は違法ではあるが、 出資法等には違反しないため、刑事上は合法となる利率の範囲のこと で、民事的には無効な利率と、出資法の刑罰対象となる29.2% の範囲の金利が存在することになってしまいました。
“債務整理とグレーゾーン金利”の詳細は »