自己破産でもゼロにならない負債について

自己破産は、原則すべての借金を帳消しにします。
そのため、人生の再スタートにあたって、非常に強力な手段となります。

しかし、自己破産によっても帳消しにならない負債(借金)もあります。
様々な理由から、法律で借金を帳消しにさせないように規定されています。

今回は、そういった自己破産でも借金がゼロにならない負債(非免責債権といいます)の
種類をご紹介していきます。

まず最初は、税金です。
 たとえ自己破産をしても、税金は免除されません。
 これは、行政サービスは等しく受けているという
 公平の観点から免除はしないとなっています。

次に、悪意(故意)で加えた、不法行為に基づく損害賠償金
 これは、被害者の救済のためです。
 被害を受けた人に、しっかりと救済を与える目的です。

次は、扶養関係です
 夫婦間の婚姻費用や、養育費、慰謝料等です。
 これは、被扶養者の権利を守るためです。
 破産をしても、子供の扶養義務が無くなるわけではありません

破産者が知りながら(故意に)債権者一覧に記載しなかった負債
 これは、貸した側の権利保護です。
 破産していることを知らないのに、
 権利が奪われることはありません。

最後に、罰金等です。

このように、自己破産をしても帳消しにならない負債もあります。
自身の借入が何なのか?
一度考えてみるのもいいかもしれませんね。

«
»
 

トラックバックURL