改正された貸金業法の総量規制について

 最近、自己の返済能力をはるかに超えた借金を抱えてしまう「多重債務者」が増え、深刻な社会問題となりました。そこでこの多重債務者問題に対応するため、以前の法律が抜本的に改正され、今の貸金業法が制定されました。

その改正の中で、総量規制という制度が取り入れられました
では、総量規制とは何でしょうか?

総量規制とは、借り過ぎや貸し過ぎを防止するために新たに設けられた制度です。かなり頻繁にPRしてましたのでご存知の方も多いのではないでしょうか?
具体的には、貸金業者からの借入額が年収の3分の1を超える場合は、新たな借入れはできなくなる、ということです。つまり、年収300万円の方は、貸金業者から100万円までしか借りることができなくなります。

しかし、1点落とし穴があります。この法律は貸金業者のみを対象とした法律ですので、貸金業者に該当しない人や会社(銀行等)からの借入は、この法律の総量規制の対象にはなりません。

したがって、銀行等からの借入れを合わせて、借入総額が年収の3分の1を超えていたとしても、ただちに総量規制の対象にはなりません。また、銀行のカードローンも、一般の銀行等の借入れ同様、総量規制の対象とはなりません。

そのため、根本的な解決とまでは、いってないのではないでしょうか?

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む