現状の金利体系と債務整理について

現状の金利体系の問題点を見ていきましょう。

○グレーゾーン金利

グレーゾーン金利(グレーゾーン、灰色金利)とは、
利息制限法に定める上限金利は超えるものの、
出資法に定める上限金利には満たない金利のことです。
利息制限法によると、利息の契約は、同法で定められた
利率を超える超過部分は無効とされているものです。
貸金業者、特に消費者金融(サラ金)業者の多くは、
この金利帯で金銭を貸し出しています。

利息制限法では、「金銭を目的とする消費貸借上の利息の契約」
(利息契約)は、その利息が下記の利率により計算した金額を
超えるとき、その超過部分につき無効と定める(利息制限法1条1項)。

元本が10万円未満の場合:年20%
元本が10万円以上100万円未満の場合:年18%
元本が100万円以上の場合:年15%
これが、利息制限法に定める上限金利となる。
利息の超過部分は無効となるため、支払う義務はない。

というのが定められています。

さらに、出資法(出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律)は、
「金銭の貸付けを行う者が業として金銭の貸付けを行う場合」に、
年29.2%(うるう年には年29.28%。1日当たり0.08%。)
を超える割合による利息の契約をしたときは、
「5年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金に処し、
又はこれを併科する。」と定める(同法5条2項)。
通常、この「年29.2%」が出資法に定める上限金利となる、としています。
一般に、この金利を超えて貸し出す業者を闇金融業者(ヤミ金)といいます。

日賦貸金業者(日掛金融)・電話担保金融に
おいては特例があり、年54.75%
(うるう年には年54.90%。1日当たり0.15%。)
が利息の上限となっている
(昭和58年法律第33号改正附則8項、14項)。

債務整理で借金や過払いを解決していく
法律の決まりごとにより、多くの借金の負担を軽減できるかもしれません。
www.amis-y.com/profile.html

»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む